結婚式のヘアスタイルでのウィッグ活用法

結婚式(ウェディング)ヘアスタイルなど髪型(花嫁・披露宴・お呼ばれ)ブライダル ヘアスタイルのカタログ・画像を紹介します。和装・ウエディング ドレスに合わせたヘアスタイルを選んで下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライダルの髪型も花嫁の場合「ウェディング・ドレス、着物」による違い、「披露宴とニ次会」の使い分け、ロング、ミディアム、ショート、ボブなど髪型によって変わります。

お呼ばれ、ゲストとして参列する側も着物など衣装に合わせてまとめ髪やアップスタイルにセットしましょう。

ブライダルやウェディングは女性だけではありませんね。

花婿や男性もお呼ばれしている方は正装、髪型を整えて出席して下さい。

最新の髪型の写真画像やカタログを参考に似合うものを見つけてくださいね。ブライダルヘアやウェディングヘアと美容院で相談すると良いでしょう。


結婚式 ヘアスタイル 画像
結婚式で着物などを着たり、フォーマルな場に出たりする場合のヘアスタイルは、ショートヘアなどアレンジしにくい髪型の方ですと、どういった結婚式のヘアスタイルにするか悩んでしまいますよね。

そんな時、ロングヘアのウイッグが一つあれば、アレンジも簡単に出来ます。

また、「今度、着物を着る機会があるから、黒髪にしたいけど、その日のためだけに染め直すのも嫌だしなぁ・・・」などという場合にも、カツラがうってつけですし、着物に限らず、ゴスロリスタイルになってみたいとか、コスプレしてみたいといった場合にも、ウイッグがあると様々な結婚式のヘアスタイルを容易に手に入れることが出来ます。

最近ではウイッグもたくさんの種類が出ているようです。数千円程度の手軽に買えるものから、数万円にもなる高級なものまで、用途に応じて気軽に選ぶことが出来るようになりました。

しかし、せっかくウイッグを購入しても、その保管・お手入れ方法がわからなければ、一度きりのものになってしまいますし、それではウイッグを購入した意味がなくなってしまいます。

しかし、ウイッグのお手入れはそれほど難しいものではありません。

基本的には人の髪と手入れの仕方は一緒ですよ。

まずはブラッシンで、逆毛やホコリなど簡単な汚れを落とします。

この時、毛先のほうから少しずつ丁寧にブラシをかけるのがポイントです。

毛が絡まっている場合は、手でゆっくりとほぐしていかなければ、結婚式で付ける時にヘアスタイルが崩れてしまったり、毛が抜けてしまったりします。

次に、シャンプーとリンスです。

シャンプーの時にはリンスを適量加えたぬるま湯でやさしく押し洗いをしてください。

このシャンプーなどは市販のものでも大丈夫ですが、出来ればウイッグ専用のものを使ったほうが無難なようです。

もちろん、洗い終わったら、すすぎもしっかりとしてください。

乾燥はタオルドライなどで包むように水分を取り、自然乾燥させたほうが良いようです。

きちんと乾燥させた後、もう一度ブラッシングで形を整えます。

最後にウイッグ専用のスプレーをかけると、艶が出てきれいに仕上がります。

このようにウイッグが一つあば、自分で出来る結婚式などフォーマルなヘアスタイルの幅も倍に増えます。

一度、挑戦してみるのも楽しいかもしれませんよ。
ブライダルの髪型も花嫁の場合「ウェディング・ドレス、着物」による違い、「披露宴とニ次会」の使い分け、ロング、ミディアム、ショート、ボブなど髪型によって変わります。

お呼ばれ、ゲストとして参列する側も着物など衣装に合わせてまとめ髪やアップスタイルにセットしましょう。

ブライダルやウェディングは女性だけではありませんね。

花婿や男性もお呼ばれしている方は正装、髪型を整えて出席して下さい。

最新の髪型の写真画像やカタログを参考に似合うものを見つけてくださいね。ブライダルヘアやウェディングヘアと美容院で相談すると良いでしょう。


結婚式 ヘアスタイル 画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。